TPPの行方について

TPPとは関係ない数字を見ることでも分かることがあります。日本は貿易で持っている国だと考えている人が多いのかもしれません。しかし、実はそうではないのですよ。(汗)

日本のGDPの中には、輸出全体でも11%程度しか含まれていません。(汗)これは言い換えると、つまり貿易以外の部分で産業が成り立っていると言うことになります。それがTPPによって、どのように変わるのかは、実際のところよく分からないと言うことです。

「反対意見」や「賛成意見」を読んでみると、一部分の事だけに注目します。これによると参加すべきだとか、参加すべきではないと言ったことが書かれていますよね。全ての事について良いことばかりではありませんよね。以前にオレンジの自由化と言うものがあったと思います。

その時、みかん生産農家が消滅する言われていましたよね。このように歴史の中での出来事を検証してみてください。このような態度は、メディアでも政治家でもあまり見られませんよね。(汗)現在の事ばかりを論じている為に、話が進まないと言うこともあります。

もっと、過去に学ぶべきことがあると思います。個人もですが団体でも自分のメリットとなることは言いません。このように不都合なことだけを大きく言う傾向がありますよね。(汗)