クリームファンデーションの注意点はなに?

ですが、テクスチャーが固い事や、油分が高いファンデーションでもあるために使い方を誤ると、肌にムラができてしまったり、塗りにくさを感じてしまう事もあります。
手間でもていねいにベースメイクを行いましょう。
乾燥肌の方は下地作りの時に肌の保湿を丁寧に行うことをお勧めします。
油分が蓋の役目を果たし、肌の水分をカバーしていますが、わずかながら肌の水分は皮脂と混じり合い乳化もしていきます。
手が綺麗な状態、肌のオイルコントロールをしっかり行った状態で、指先またはスポンジなどで少量ずつ肌になじませていきましょう。
仕上げに、プレストパウダーやルースパウダーをひと塗りすると化粧崩れを防ぎ、華やぎをプラスすることも可能です。